楽曲の中に描かれた沿線風景を、ジョイント音が奏でるリズムを、走行区間や所要時間に音楽が同期する感動を。
前作、 『KING SOUSIC X』 から約5年。
今回は、これまでの主戦場であった関東から場所を変え、関西私鉄文化のルーツともいえる阪神電気鉄道をテーマに制作しました。
キビキビ走る阪神電車らしい、軽快なジョイント音、モーター音と、沿線を表現する爽やかなフュージョン音楽との融合を、是非お楽しみください。

また今回は、弊社が発行する鉄道音楽レビュー誌 『鉄音ジャーナル2018年4月号』 に当作品の特集がございます。こちらも一緒にお楽しみいただくと、ソージックの世界観がよりいっそう広がります。
ソージックシリーズ 商品番号 音量感(音圧目安)
商品種類:音楽CD
シリーズ:ソージック
音楽ジャンル:フュージョン
収録時間:58:41
即売会価格: 1000円
発表年月日:平成30年4月29日

企画:飛練音響工業

作曲:響太
編集:響太

録音・ミックス:響太

デザイン:響太
写真:シン

曲目紹介

1.Umeda Road (hs01)
 阪神梅田駅構内

2.sousic se-9300-hs01hs09
 0:00~:梅田→(野田)『梅田の地下を駆け抜ける』
 2:01~:(野田)→尼崎『川風を感じながら』

3.sousic se-9300-hs09hs14
 0:00~:尼崎→甲子園『尼崎百景』

4.sousic se-9300-hs14hs17
 0:00~:甲子園→西宮『太陽光と六甲山』

5.sousic se-9300-hs17hs20
 0:00~:西宮→芦屋『華やかな街』

6.sousic se-9300-hs20hs23
 0:00~:芦屋→魚崎『芦屋の風』

7.sousic se-9300-hs23hs25
 0:00~:魚崎→御影『六甲メロディライン』

8.sousic se-9300-hs25hs32
 0:00~:御影→(岩屋)『神戸市内の風』
 3:07~:(岩屋)→神戸三宮『神戸の地下を駆け抜ける』

9.sousic se-9300-hs32hs33
 0:00~:神戸三宮→元町『レトロ街の下を走る』

10.sousic se-9300-hs33hs35
 0:00~:元町→高速神戸『神戸中心地の地下を走る』

11.Kosoku-kobe Way (hs35)
 神戸高速鉄道高速神戸駅構内

12.sousic re-9000-hs41hs42
 0:00~:大阪難波→桜川『境界駅の西側へ』

13.sousic re-9000-hs42hs43
 0:00~:桜川→ドーム前『異空間ダウンヒル』

14.sousic re-9000-hs43hs44
 0:00~:ドーム前→九条『異空間カーブクライム』

15.sousic re-9000-hs44hs45
 0:00~:九条→西九条『地下から高架シールドへ』

16.sousic re-9000-hs45hs09
 0:00~:西九条→(伝法)『徐行で駆ける既存区間』
 2:01~:(伝法)→尼崎『橋梁から続く高架を走る』

17.TIGER SOUSIC end
 ポートタワーから眺める夕暮れの神戸市内